マンションの大規模修繕を神奈川で実施して感じたこと

バリアフリー空間にするためのマンションの大規模修繕を実施

マンションの老朽化対策のためにも、大規模修繕神奈川で実施しました。
共用部分の修繕工事が主となり、まずは外壁の塗り替えから実施しました。
外壁は外観に大きく影響する部分ですから、綺麗にしておくメリットは大きいですね。
外壁が剥がれてくると外観が悪くなりますし、入居率が低下してしまうのは知っていました。
あらゆる作業の中でも塗装は特に重要性が高いとのことですから、真っ先にする必要があります。
10年の頻度で修繕をしているため、外壁はそれほど老朽化していませんでした。
ただ放置しておくと劣化するのは間違いありませんので、10年サイクルで塗装をしてもらっています。
塗装後は新築のようにピカピカになるので、その視覚的効果は非常に高いものですね。
それからバリアフリー空間にするためのマンションの大規模修繕を実施しました。

神奈川区、大規模修繕作業開始です。https://t.co/2RLNPkZ0Ir pic.twitter.com/zNN7qqYZOh

— 目黒区の大規模修繕は技能士メインで。 (@yane_meguro) 2016年3月2日

バリアフリー空間にするためのマンションの大規模修繕を実施 / 適切なタイミングで大規模修繕をするべきでしょう / 修繕をした価値は大いにありました